第 10日目は、SOC アナリスト 川田孝紀の記事です。海外 SOC とのコミュニケーションについて紹介します。

---

クリスマスのイルミ・ネーションが輝く季節になってまいりました。みなさまはいかがお過ごしでしょうか。グローバルコミュニケーター・アナリスト KAWADA です。グローバライゼーションが進む今日、私たちもグローバル企業の一員として、ダイバーシティの中で活動しています。そんな私たちアナリストの、グローバルとボーダレスでプライスレスな活動の One Page を紹介します。

NTT セキュリティは海外 10拠点に SOC があり、各地でアナリスト達がサイバースレットアナリシスしています。SOC の分析システムはボーダーを超えて連携していますが、システムだけでなくアナリスト同士もさらなるコラボレーション、One Team を目指し、様々なイベントを開催しています。

  • アニュアル・アナリスト・ミーティング(年1回のアナリスト会議)
  • グローバル・アナリスト・トレーニング(アナリストによるアナリストのための分析トレーニング)
  • バイウィークリー・ビデオ・カンファレンス(定例ビデオ会議)

などなど

今回は先日スウェーデンの SOC で行われた、アナリストによるネクスト・ジェネレーション・アナリシス・プラットフォーム・タクティクスの模様をお伝えします。

US、ノルウェー、シンガポール、日本からアナリストとシステム開発者が参加して、ディスカッションを実施。オペレーションの課題、各国での違い、独自のカイゼン活動、システムに必要な機能など、日々分析しているアナリストだからこそ実態に則した中身の濃い議論を展開。グローバルらしく、先送りせずにその場で決定、信頼する仲間たちと Face To Face だからこそのスピードで進みます。当然ながら我々も English Only です。

熱い議論の合間に Lunch Break

スウェーデンのトラディショナルフードを食べながら、情報交換。サイバースレットの話だけでなく、クリスマスや年末年始の過ごし方など生活情報もセキュリティオペレーションにはとても有益です。また、スウェーデン料理は謎のジャムが付いたミートボールだけだと思ったら大間違いです。サーモンがとても美味しい。あの謎のジャムは Lingonberry Jam。

午後になっても片時も意識を切らさず集中して、熱いディスカッションは続く。

熱い議論を終えて、夜はスウェーデン Beer と共に談笑。サイバースレットだけでなく、Hobby や Trend、生活の話題など話は尽きません。夜更けまでスウィートでディープな時間が続きました。

このように私たちアナリストは、グローバルな仲間たちとコラボレーションして、サイバースレットアナリシススキルを高め、サイバースレットに立ち向かっていくのです。

One for All, All for One. Thank you, Tusen tack!